The Planetary Society of Japan

The Planetary Society of Japan

ご訪問いただき、ありがとうございます!


日本惑星協会(TPSJ)は、公的機関・団体からの支援を受けない「市民による市民のための科学研究団体」です。まもなく法人化に併せて皆様への会員ご参加を募ることとなりますが、置かれる国内環境をよく観察し、実情に沿った活動指針の策定に努める上で皆様からのご支援が唯一の活動力となります。

次世代の太陽系探査を国内、または国際協力によって探査継続への寄与を果たすために、皆様からのご支援をよろしくお願い申し上げます。

TPSJ 日本惑星協会 - メモ

 

NASA SLSのファーストフライトに、JAXA、東京大学から二機の宇宙機が搭載決定!

May 27, 2016 :
以前より注目しておりました、スペースローンチシステムの初飛行に搭載が検討されていた十三機のセカンダリーペイロード宇宙機(ピギーバック宇宙機)について、NASA から27日付で記事が出ました。国際的なパートナーから三機を選出するとされていたスロットは、一機がイタリア ASI で、二機は日本から「おもてなし」と、「エクレウス」の二機が選出されました。
開発については「おもてなし」「エクレウス」合わせて共同での開発という説明です。双方それぞれ個性のあるミッション内容となっておりますね。
原文:For the first SLS flight, the Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) and the University of Tokyo will jointly create and provide two CubeSats...
各宇宙機についての詳細は、JAXA、または東京大学からの発表をお待ちください。そのあと、TPSJ も追従して行きます。

おもてなし → OMOTENASHI (Outstanding MOon exploration TEchnologies demonstrated by NAno Semi-Hard Impactor)
エクレウス → EQUULEUS (EQUilibriUm Lunar-Earth point 6U Spacecraft)

NASA ウェブ:
International Partners Provide Science Satellites for America’s Space Launch System Maiden Flight
TPSJ ウェブ:
SLS スペースローンチシステム First Flight 特設ページ - Space Launch System

TPSJ では引き続き SLS の進捗を追いかけます。現在、ウェブ構成の再編集作業中です。来月初旬には新規レイアウトでのウェブペーパー上で詳細の更新を継続していきます。しばらくの間はこのトップページで重要な情報をお知らせすることになります。非常に縦長のページになってしますでしょうね。ご辛抱ください。。。

Asteroid Day in 倉敷

Asteroid Day イベントが確定しました。西日本でのイベントとして検討を続けて参りましたが、プログラム等が確定しましたのでお知らせします。
パソコンを使用しての小惑星探索体験イベントや、研究者方々の講演も複数用意しました。詳細は ” Asteroid Day 2016 ” のページに掲載しております。

 

TPSJ は、Asteroid Day 100X 宣言に署名しました!

 

2016/05/01 更新
毎年06月30日に制定されている ” Asteroid Day ” は、小惑星による地球衝突についての危機意識を高める目的を持って世界中の人々が集い、小惑星衝突から私たちの惑星・家族・地域社会、そして未来の世代を守るために何が出来るかを学ぶために活動する ” Global Awareness Campaign (世界規模の啓発キャンペーン)” です。

特設日本語ページを用意しました。ぜひお読み頂き趣旨にご賛同されましたら御署名頂きすようお願い致します。
Apl. 10, 2016 : Asteroid Day 2016

尚、Asteroid Day にご賛同頂ける方は、どなたでも”Asteroid Day”のタイトル(ロゴなどに加工するのも良い)を掲げて催事を行うことが出来ます。事前に本部に確認する事無く、ご自由に関連イベントとして催してください。 その際、出来ましたら TPSJ にご連絡頂ければ、本部への開催告知や、国内宇宙機関等との連携を調整するお手伝いが出来ると思います。以下にご連絡ください。
tpsj_info@planetary.jp

 

「はやぶさ2」 トークライブVol.3~
「スペースガードにおける「はやぶさ」や「はやぶさ2」の役割」

2016年06月の「はやぶさ2」トークライブは、Asteroid Day にちなんで、ミッションマネージャの吉川真准教授による講演が予定されています。以下、吉川准教授のコメントです。

1908 年6 月30 日にシベリア上空で大爆発が起こり、2000 平方キロメートル以上にわたって樹木が被害を受けました。これは、ツングースカ大爆発と呼ばれていますが、天体の衝突がその原因だと言われています。この出来事にちなんで2015 年から、6 月30 日はAsteroid Day として、天体の地球衝突について考えようという日になっています。また、6 年前の2010 年6 月13 日、「はやぶさ」が地球に帰還しました。6 月13 日は、「はやぶさの日」となっています。今回のトークライブは、Asteroid Day 関連企画として、また、「はやぶさの日」記念企画として、「はやぶさ」や「はやぶさ2」が天体の地球衝突問題(スペースガード)にとってどのような役割があるかについてご紹介します。

日時:平成28年06月12日(日)
開場:12:30 講演13:00~14:30
会場:相模原市立博物館 大会議室
定員:200人(事前申込み:先着順。定員になり次第締切ります。)
参加費:無料
申込方法:市コールセンター(042-770-7777)へ
受付期間:05月24日(火)から06月11日(土)まで(午前8時から午後9時まで)

SLS スペースローンチシステム 特集


キャプション付きの SLS Gallery を新設、随時更新中です!
Mar. 29, 2016 : SLS Gallery

NextSTEP プランの最新ニュースが出ています。特設ページに抄訳を掲載しています。
Apr. 24, 2016 : SLS スペースローンチシステム First Flight 特設ページ - Space Launch System

過去のメモログを読む

組織情報

Apr. 01, 2016 :
TPSJ 事務局から二名、Planetary Defense Conference(PDC)の LOC(Local Organizing Committee)に加わりました。
Feb. 10, 2016 :
APAON(Asia-Pacific Asteroid Observation Network)に加入しました。

 

Other Content

Information

Creating a better future by exploring other worlds and understanding our own.