日本惑星協会

The PLanetary Society of Japan
 

「太陽系科学探査および地球外生命探査の促進」に加えて、「宇宙探査の国際協力の促進」をミッションステートメントとして活動を行う米国惑星協会に賛同し、将来的には日本の宇宙開発機関に対しての提言や研究者との橋渡し、さらには世界中の宇宙開発機関との国際協力を以って太陽系探査の高度な探査と技術開発を実現し、太陽系探査に対する新しい発想の種を蒔くことが使命と考えております。ぜひ、御参加ください。

 

Try again! TPSJ 2.0 : July 21, 2015
 

Pic Up!

SLS アルテミス I が宇宙に送る超小型探査機 EQUULEUS


DELPHINUS(デルフィヌス)チーム : 月面衝突メテオロイドを定量評価を行うことは,人類が再び月面に降り立ちインフラ整備を進めて行く上で,メテオロイドの月面衝突環境評価や月面衝突予報が欠かせなくなることが予想されます。エクレウスの目である「DLP」によって人類初の「月面衝突閃光の宇宙からの観測」と「月面(裏)衝突閃光の観測」を実現させることが第一目標です。エクレウス探査機は、今年11月にオリオン宇宙船とともに宇宙に旅立つ予定です。

月面衝突閃光と小惑星観測を行う,可視光カメラシステム DELPHINUS

はや2ホットライン「運用チームからの贈り物」


オリジナルのイラストがプリントされたユニフォームを、はや2ファンの皆さまに提供致します!プロジェクトが独自で製作したユニフォームです。左胸には「HAYABUSA2 Project」と刺繍され、背中にはオリジナルのイラストがプリントされています。また、新型コロナウイルス対策とも併せて JAXA が製作した、ウーメラ砂漠に届く「リエントリーカプセル運用記念&祈念はや2マスク」の継続製作を行っております。

はや2ユニフォーム | はや2マスク

国内次期惑星探査ミッション MMX 2024 火星衛星探査


MMX(Martian Moons eXploration)は、2020年代前半の打上げを目指している火星衛星探査計画です。探査機は、地球から打上げ後、約1年をかけて火星圏に到着し、火星周回軌道へ投入されます。その後、火星衛星の擬周回軌道(QSO: Quasi Satellite Orbit)に入り、火星衛星観測・サンプル採取を行います。TPSJ ウェブでは、ミッション概要、科学観測装置等を編集して掲載しています。

MMX Home

太陽系小天体探査の世界(新規)


なにかの偶然か、それとも運命のいたずらか、思ってもみなかった宇宙との交わりを体験すると、そこから抜け出すのは容易ではありません。であればいっそのこと、一般市民ではありながらその体験をとことん奥深く探求してみることが、儚く短い人生を輝かせるのかもしれません。そういう方々に読んで頂きたいチャプターです。

小天体探査の世界

カテゴリ - Category

サイトマップではありませんが、各コンテンツは以下のカテゴリに振り分けています。また、各コンテンツから派生した新たなコンテンツ等は、下段の「TPSJ Topics」で案内しています。
 

ウェブプロジェクト一覧

エクレウスが見る宇宙(新規)

月面衝突閃光と小惑星の観測を行うことを目的とした,可視光カメラシステム「DELPHINUS」の特集です。エクレウスに搭載されます。

詳細を読む

Asteroid Day

ブライアン・メイ氏が来日しました。ともあれ今年も継続!毎年06月30日を忘れずに!

詳細を読む

特設・特集

キャンペーンやイベント、惑星探査プロジェクトをピックアップして特集した一覧です。

詳細を読む

TPSJ 通信

TPSJ による、独自の活動の一覧です。

詳細を読む

小天体探査フォーラム

JAXA が実施できる規模のミッション候補を創り出すことを目的とした有志団体です。

詳細を読む

次世代太陽系探査

惑星科学教育の啓蒙・啓発を行う TPSJ の趣旨から、論文集と併せて研究会・講演会の後刷等を収録しました。

詳細を読む

Space Topics

JPL News を中心とした、日本語訳ニュース解説です。

詳細を読む

Discovering Enceladus

地球外の太陽系生命探査を推進しようという試みです。エンケラドスだけに限りません。

詳細を読む

NASA Psyche Mission

TPSJ は、小天体探査フォーラム創設期から盛んに検討された M 型小惑星探査へのランデブーミッションに絡めて、プシケ探査を思いっきり応援します!

詳細を読む

NASA SLS アルテミス I

6U サイズの深宇宙探査用 CubeSat ” EQUULEUS(エクレウス)が、NASA 新型ロケット SLS 初号機のセカンダリーペイロードとして選定されました.

詳細を読む

Track the Comet!

Leonard(レナード)彗星 C/2021 A1 は、G.J.Leonard 氏がマウント・レモン天文台での観測で発見された彗星です。2021年末に最接近するまで、私たちは「追跡」します。

詳細を読む

Enjoy Hayabusa2

地球を飛び立ってから 日、延長ミッションに突入!

詳細を読む

TPSJ Topics 2021
 

Asteroid Day 2021

毎年の06月30日の Asteroid Day は、小惑星による地球衝突についての危機意識を高める目的を持って世界中の人々が集い、小惑星衝突から私たちの惑星・家族・地域社会、そして未来の世代を守るために何が出来るかを学ぶために活動する世界規模の啓発キャンペーンです。財団における今年のテーマは、NASA NEAR-Shoemaker 探査機の打ち上げ二十五周年と、NASA Lucy Mission、NEA スカウト、DART の三つの新しい小惑星ミッション打ち上げとなります。日本国内でのイベント開催等のついては検討中です。

詳細を読む (Ja)

52th LPSC 2021

52th 月惑星科学会議(LPSC)2021 は、2021年03月15~19日の開催となりました。皆さんと直接会うことはできないかもしれませんが、研究をシェアし合い、議論・質疑応答をこれまで同様に行います。さらにネットワークを築くための特別な体験も期待できます。 「月・惑星科学のコミュニティをまったく新しい容で仮想体験が提供できる可能性に私たちは興奮しています」と運営側が伝えました。

詳細を読む (Ja)

7th PDC 2021

IAA が二年毎に主催する「プラネタリー・ディフェンス・コンフェレンス」も今年で第七回目となります。昨今の感染症被害拡大の状況もあり、ここでもやはりオンライン開催となりました。
期間は、2021年04月26~30日となります。テーマは前々回の東京開催と同様な内容ですが、小惑星破壊に注目していると思われます。さてどのようなセッションが繰り広げられるのか、録画したムービーや、口頭発表要旨等の公開が待ち遠しいです。セッションや講演についての情報は以下の日本語窓口ページにまとめました。

詳細を読む (Ja)

Space Topics 2021

2018年の NASA Dawn ミッションの終了後、大掛かりな小天体探査は打ち上っておりません。昨年末に「はやぶさ2」が地球フライバイを終え、OSIRIS-PEx ミッションがまもなく地球帰還の途に就きます。JPL ニュースは火星探査一色のこの頃ですが、いよいよ今年からは新たなミッションが毎年のように発進します。それを追って英語と睨めっこです。
相変わらずの盛り過ぎな日本語訳ですが、重要な部分を逸らさずに皆さんに楽しんで頂けたらと思います。

詳細を読む

Community Channel

日本惑星協会について

日本惑星協会は米国惑星協会の理念を理解し、日本国内環境での活動の可否を各論で議論し、米国と共有できる活動への積極参加促進に取り組みます。

詳細を読む

TPSJ 組織構成

まだまだ、礎石を積み上げる段階ですが、たくさんの方々が集ってくださいました。

詳細を読む

米国惑星協会について

米国惑星協会は、太陽系惑星と地球外知的生命の探査の推進を主たる目的として、故カール・セーガン博士らにより1980年に設立されました。

詳細を読む

Study & Enjoy

学ぶことと楽しむことの両方を獲得しようという、欲張りで有意義な活動を目指しています。

詳細を読む

MY コラム

的川先生から引き継いだ、吉川真氏によるコラム集です。連載ですが、はやぶさ2運用中により現在は不定期となっています。

詳細を読む

太陽系リポート

皆さんから届いたメッセージや、寄稿頂いた随筆等を収録しました。

詳細を読む

TPSJ Gallery

池下章裕氏の CG 作品、スイングバイ観測画像などを収録しています。

詳細を読む

サイトポリシー

利用規定、免責事項、利用の範囲と利用条件等、併せてプライバシーポリシー等など。

編集中

Pit Stop TPSJ Office


もやもやと企画中! ひとまずこれでも行っとこうか!


TPSJ 推進事務局の今日の試み

トップページで書き続けた「コラム」っぽい事務長の「戯言」を、ここに移設しました。継続が一番!と考えております。MY コラムに負けぬよう、大いに盛り上げてください(事務局一同)。但し、盛り過ぎは厳禁です。

読んであげよう!

Exploration Channel

次世代太陽系探査

惑星科学教育の啓蒙・啓発を行う TPSJ の趣旨から、論文集と併せて研究会・講演会の後刷等を収録しました。

詳細を読む

Discovering Enceladus

地球外の太陽系生命探査を推進しようという試みです。エンケラドスだけに限りません。

詳細を読む

太陽系科学会議・催事

TPSJ が関わる研究会、講演会、イベント情報を発信。

詳細を読む

小天体探査フォーラム

JAXA が実施できる規模のミッション候補を創り出すことを目的とした有志団体です。

詳細を読む

TPSJ 2.0 アーカイブス
 

はやぶさ2 おかえり!2020 共同観測キャンペーン

2020年12月06日(日)、はやぶさ2探査機は、小惑星「リュウグウ」からの採取試料を閉じ込めたカプセルを地球に届けました。打ち上げから6年を掛けて地球帰還を果たし、カプセルをウーメラ砂漠に着地させて自らは延長ミッションに臨むこととなりました。
今回の地球フライバイに際して、前回2015年のスイングバイ同様に全国の公開天文台や研究施設、高校や天文アマチュアの方が、様々な機材を使って撮影に挑戦し,その成果を収録しました。
終了しました

詳細を読む

地球をキック!「はやぶさ2」だよ、全員ジャンプ!

みんなで、「はやぶさ2」のこのキック&ゴーを応援したい! 12月05日、午後03時30分から06時頃の間に、「その瞬間」がある。今!と思った瞬間にジャンプして、空中に飛び立った写真をツイート!写真を送れない人は、「今!」とツイートするだけでOK! ハッシュタグは #はや2キックアンドゴー。以下から投稿しよう!
東京工業大学附属科学技術高等学校科学部連携企画
無事に終了しました

詳細を読む

2020 火星観測週間

2020年10月06日、火星が地球に最接近しました。前回2018年の大接近同様に、たくさんの観測データ報告を頂きました。今回の接近も約6207万キロメートルと、一昨年と500万㎞ほどの違いという大接近でした!観測された方々には、距離等を付記した「火星観測証」を発行しております。(未だ未発行もあります)
終了しました

詳細を読む

BepiColombo 地球スイングバイ観測

「BepiColombo 地球スイングバイ観測キャンペーン」を実施しました。イタリアの著名な天体力学者ジウゼッペ・コロンボ(Giuseppe Colombo)博士は、水星の自転周期と公転周期が 2 : 3 の共鳴関係にあることを提唱したり、スイングバイを惑星探査機の航行に利用した先駆者です。その功績をたたえ、新しい水星探査ミッションの名前には博士の愛称である「BepiColombo」が使われています。
終了しました

詳細を読む

地球外生命の姿を描こう!

日本の小惑星探査機「はやぶさ2」が2018年夏に小惑星リュウグウへ到着します。リュウグウには生命の元になる物質が存在している可能性があります。そこで、子どもたちに太陽系探査や生命存在の謎について考えてもらうきっかけとして、「スペースアートコンテスト 2 ~地球外生命の姿を描こう!~」を2017年夏に実施しました。今後も夏休みを利用して実施したいと考えています。
終了しました

続きを読む

NASA OSIRIS-REx 地球スイングバイ観測キャンペーン

米国 NASA のフロンティア計画で採用された小惑星ベンヌを目指すオシリス・レックス(OSIRIS-REx or オサイリス・レックス)探査機の地球スイングバイが近づいてきました。米国同様に国内でも「はやぶさ2」地球スイングバイ同様に観測キャンペーンを行いますが、今回はオシリス・レックスチームとの共同実施となります。
終了しました

続きを読む

 

日本惑星協会推進事務局


Contact us

TPSJ プロジェクト全般に関するご質問や、アウトリーチ活動に関するご質問・ご提案等をお知らせください。投稿フォームを設置しています。

お気軽にお声掛けください

参加登録のお誘いと御案内

当協会の目的および事業に賛同し、積極的に活動に関わってくださる方、太陽系科学・探査促進への貢献のための提言を積極的に行ってくださる個人・団体会員及び企業を募集致します。

ご一緒に!


Page Top