” Asteroid Day ” (毎年の06月30日)は、小惑星による地球衝突についての危機意識を高める目的を持って世界中の人々が集い、小惑星衝突から私たちの惑星・家族・地域社会、そして未来の世代を守るために何が出来るかを学ぶために活動する ” Global Awareness Campaign (世界規模の啓発キャンペーン)” です。
” アステロイドデイ ホームウェブ ”
 

2017 国内イベント情報

July 01, 2017 :
さがみはら宇宙の日 - Asteroid Day(小惑星の日) in 相模原 ~天体の地球衝突に対処する~

講演 :
「小惑星についての基本的な情報から最新情報まで」、「小惑星が地球に衝突することにどのように対処するのか(することができるのか)」吉川真(宇宙航空研究開発機構)
「青森の麦畑で見つかった隕石孔と疑われる穴の調査と見えてきた課題」浅見敦夫(日本スペースガード協会)
他、「小惑星さがし」ワークショップの実施

日時 : 平成29年07月01日(土)
開場 : 13:00, 講演13:30~16:30

会場 : 相模原市立博物館大会議室
定員 : 150人(事前申込み:先着順)※定員になり次第締切ります。申込み期間は、6月15日(木)から6月30日(金)まで(午前8時から午後9時まで)。
参加費 : 無料
申込みは ” 相模原市立博物館ブログ ” から詳細をご覧ください。
 

June 25, 2017 :
~「地球に対する太陽系天体の脅威」啓発キャンペーンの在り方~

概要 : ” Asteroid Day ” での取り組みや、広く一般への啓発キャンペーンの進め方等を検討する「有志による座談会」を大阪府内で開催します。開催要領については、” こちら ” にお問い合わせください。尚、同趣旨の会合は、09月に「サイエンスカフェ」スタイルで開催する予定があります。
 

Citizen Radical Group for Asteroid Day - Beginning in 2017

小惑星など太陽系に存在する小さな天体は、太陽系形成起源を解明するための重要な手掛かりであり、様々な天文ショーの主役的存在です。しかし、軌道要素すら判っていないものも今だ多くあり、地球規模で被害をもたらす大きな小惑星の90%以上が判明したといっても分母は数百万規模です。地球環境を大きく破壊するにはたった一つの天体で十分な場合が想定できるのです。

TPSJ は、グローバルな活動である「Asteroid Day」に賛同するとともに、日本ではこうした天体災害に対処する政府系組織の未達なことを認識し、あえて「ラジカル」という言葉を以って、市民による活動として早急な危機意識啓発を行いたいと考えます。

相模原市内において、「Asteroid Day 2017」におけるイベントとして吉川真はやぶさ2ミッションマネージャがトークライブの準備中です。TPSJ 関西オフィスでは「Citizen Radical Group(日本語にすると誤解を与える恐れがあるので英表記)」立ち上げのキックオフミーティングを大阪市内で行う予定としています。
このミーティングでは、主に関西地域で活動される市民としての「惑星・環境科学者」が集い、それぞれが所属あるいは主宰するグループとの連携を深め、日本国内で暮らす一般市民で実施できる対策検討・啓発活動の取り組みなどについて、「初期段階」としての課題を一から議論・検討を行いたいと考えています。「何も出来ていない現状」が今のフェーズなのです。

日程が確定しましたら、” Citizen Radical Group ” のウェブを発行します(現未発行)。ぜひご賛同頂き、一緒に議論を深めればと期待します。このグループについてのお問い合わせは、” こちら ” にお届けください。

ところで、この「Asteroid Day」に関する活動は、誰の許可を得ることなく行えるわけです。あえて記しておきます。当然ですね。

April 12, 2017 Wrote.
 

国連による Asteroid Day 承認

第59回国連総会会期中の宇宙平和利用委員会(COPUOS)により、毎年06月30日を”Asteroid Day”とすることが承認され、United Nations General Assembly (UNGA) 第71回のセッションによって決定されました。

このことにより、国連加盟国、国連機関、その他の国際機関、地方組織、非政府組織や個人を含む市民社会の総てが、毎年06月30日の”Asteroid Day”を歓迎することになります。

About Asteroid Day

Our Story

2014年02月、イギリスの音楽グループ、QUEEN のギタリストであり天体物理学者でもある Brian May は、” 51 Degrees North ” と題した、ロンドンに堕ちた小惑星の人類への影響を描いた映画のディレクター、Grigorij Richters と共同作業を開始しました ...
続きを読む

100X 宣言

100 万個以上の小惑星が地球に衝突する可能性を持っていると推測されていますが、世界中の望遠鏡で補足(軌道要素等の確認)出来ていると思われるのは、その内、1 % 程度と言われています。100X 宣言では、小惑星発見率を 10 年以内に年間 ...
続きを読む

Our Mission

” Asteroid Day ” は、小惑星地球衝突が招く人類社会、家族、子供たちの将来への危険性について広く世界中の人々が集い、その危険性についての啓発活動を行うキャンペーンです。” Asteroid Day ” は、ロシア、ツングースカで1908年06月30日に ...
続きを読む

World Event & Topics

Asteroid Day 2017 に向けた各国の取り組みをご紹介します。また、2016年に開催されたイベント詳細と併せて主なニュース・記事も集めました。 ...
続きを読む

2016年に実施されたイベント


Asteroid Day 2016 in 倉敷

日時:2016年07月10日 10:00~16:00
会場:倉敷市立美術館講堂・第一会議室

小惑星を見つけてみよう! ~Let's find asteroids!~
講演 01 : 天体の地球衝突とスペースガード - 吉川真(JAXA)
講演 02 : 日本スペースガード協会の活動 - 奥村真一郎(JSGA)
講演 03 : 岡山の二つの巨大流星~富田隕石と爆鳴火球~ - 三島和久(倉敷科学センター)

観測施設特別見学ツアー

2016年07月09日(土)国立天文台岡山天体物理観測所と美星スペースガードセンター見学ツアー

国立天文台岡山天体物理観測所,岡山天文博物館
美星スペースガードセンター見学
井原市美星天文台見学

さがみはら宇宙の日
はやぶさ2トークライブ Vol.3

日時:平成28年06月12日(日)
場所:相模原市立博物館大会議室
講演者:吉川真(ISAS/JAXA)

関連記事

毎日新聞ウェブ:2016年06月28日
06月30日は「アステロイドデイ」隕石の地球衝突への危機意識を高めよう
著者:井本昭(日本惑星協会推進事務局)

” Asteroid Day ” 100X 宣言は、私たちから全世界へのコール・ツー・アクション、言い換えればレスポンスデバイスとも言えます。既に、宇宙飛行士、科学者、ノーベル賞受賞者、技師、アーティストと市民数千人が賛同し署名しています。皆さん一人一人の署名が確実に地球破壊現象の歯止めに近づきます。今すぐサインしましょう!

Now, 100X Declaration