The Planetary Society of Japan (TPSJ) is supporting and playing a part in Asteroid Day.

” Asteroid Day ” 100X Declaration(100X 宣言)は、私たちから全世界へのコール・ツー・アクション、言い換えればレスポンスデバイスとも言えます。既に、宇宙飛行士、科学者、ノーベル賞受賞者、技師、アーティストと市民数千人が賛同し署名しています。皆さん一人一人の署名が確実に地球破壊現象の歯止めに近づきます。今すぐサインしましょう!

” 100X 宣言に署名しよう! ”
 

” Asteroid Day ” は、200人を超える著名な科学者、宇宙飛行士、ビジネスリーダー、アーティスト、ノーベル賞受賞者及び、100X 宣言に署名頂いた全世界数万人の市民によってサポートされています。
Asteroid Day is supported by over 200 notable scientists, astronauts, business leaders, artists, Nobel Laureates and by tens of thousands of private citizens.

” View Asteroid Day Signatories ”
 

100X 宣言

全文 :
100 万個以上の小惑星が地球に衝突する可能性を持っていると推測されていますが、世界中の望遠鏡で補足(軌道要素等の確認)出来ていると思われるのは、その内、1 % 程度と言われています。100X 宣言では、小惑星発見率を 10 年以内に年間 100,000 個(すなわち 100 倍)に増加させることを目標としています。
「小惑星の惑星衝突について研究が進むほど、衝突がいつ起こってもおかしくないことが明らかになった」と Dr. Brian May は語りました。
「 ” Asteroid Day ” と 100X 宣言は、地球の脆弱性と地球に衝突する小惑星に対する認識に貢献する公共機関であり、” Asteroid Day ” は、小惑星がいつ地球に衝突し、どのようにして衝突から身を守るのかという、知識を集めるための媒介となるだろう。」
 

「早期警告が必須だ」と、宇宙探検家協会(ASE)の創設者であり、” Asteroid Day ” 専門家委員会の議長、アポロ9号の宇宙飛行士 Rusty Schweickart は警鐘を鳴らします。
「(衝突までの)時間が問題だ。20 メートルを超える NEO の発見は、年間約 1000 個で、この分では、100万個を超える潜在的に地球を脅かす NEO の捕捉に 1000 年以上かかる。これは長い期間だが、今のところ我々が補足しているのは、衝突の可能性のあるチェリャビンスクサイズの小惑星のわずか 10 % 程度だ。」
 

” Asteroid Day ” の立ち上げを発表する記者会見が、2014年12月03日にロンドンとサンフランシスコで同時に開催されました。Dr. May と Richters がロンドンで、Schweickart と Dr. Lu、宇宙探検家協会(ASE)の会長 Tom Jones がサンフランシスコで、それぞれ ” Asteroid Day ” を代表し、Martin Rees 卿が 100X 宣言を読み上げ、その署名者は、科学者、物理学者、宇宙飛行士、ノーベル賞受賞者、30 の国、ビジネスや芸術分野の著名人までも含むこととなりました。
 

発足時の署名には、” Anousheh Ansari, Stewart Brand, Brian Cox, Richard Dawkins, Alan Eustace, Peter Gabriel, Steve Jurvetson, Jane Luu, Dr. Brian May, Greg McAdoo, Peter Norvig, Helen Sharman, Jill Tarter, Kip Thorne ” と、38名以上の宇宙飛行士のサインがあります。

今日(2016年現在)、100X 宣言は、17,000 人以上の民間人によって署名されています。
 

原文)
As scientists and citizens, we strive to solve humanity’s greatest challenges to safeguard our families and quality of life on Earth in the future.

Asteroids impact Earth: such events, without intervention, will cause great harm to our societies, communities and families around the globe. Unlike other natural disasters, we know how to prevent asteroid impacts.

There are a million asteroids in our solar system that have the potential to strike Earth and destroy a city, yet we have discovered less than 10,000 ? just one percent ? of them. We have the technology to change that situation.

Therefore, we, the undersigned, call for the following action:
1. Employ available technology to detect and track Near-Earth Asteroids that threaten human populations via governments and private and philanthropic organisations.
2. A rapid hundred-fold acceleration of the discovery and tracking of Near-Earth Asteroids to 100,000 per year within the next ten years.
3. Global adoption of Asteroid Day, heightening awareness of the asteroid hazard and our efforts to prevent impacts, on June 30.

I declare that I share the concerns of this esteemed community of astronauts, scientists, business leaders, artists and concerned citizens to raise awareness about protecting and preserving life on our planet by preventing future asteroid impacts.

*On December 06, 2016 the United Nations General Assembly (UNGA) has proclaimed that International Asteroid Day will be observed globally on 30 June every year. One of our three goals has been accomplished 2 years and 3 days after the launch of Asteroid Day. Let’s get the rest done, too. Read the resolution,

100X Declaration - Asteroid Day Home

Now, 100X Declaration

Notes : January 20, 2017

Page Top