五回目となる IAA(International Academy of Astronautics:国際宇宙航行アカデミー) Planetary Defense Conference (以下 PDC) が、2017年05月15-19日、五日間の日程で日本科学未来館で開催されます。

このページは、研究者・専門家の皆様とメディアの皆様に、日程や参加規約等をお知らせするためのものです。詳細は、IAA PDC の 以下のウェブサイトをご覧ください。
” IAA PDC Home ”
 


概要

2017年05月15日から19日まで、東京で開催される第五回 PDC は、JAXA 宇宙航空研究開発機構がホストとして執り行います。二年に一度開催されるこの国際会議は、世界中の専門家が、小惑星や彗星による地球衝突の脅威に関して議論するため一堂に会するものです。

プラネタリー・ディフェンスに焦点を置いた会議としてアジアで開催されるのは、これが初めてです。前回の2015年はイタリア・フラスカティで04月13日から17日までの五日間で開催されました。この会合は、IAA が主催者となる以前のカルフォルニア州アナハイム(2004年)とワシントンDC(2007年)の二回の開催に加えて、IAA 主催としてスペイン・グラナダ(2009年)、ルーマニア・ブカレスト(2011年)、アリゾナ州フラッグスタッフ(2013年)と継続開催された第六回目のものでした。

フラスカティには、21ケ国から16名の報道関係者を含む245名の参加があり、81件の口頭発表、25件のポスター発表のショートプレゼンターション、そして約80件のポスター発表が行われました。会議自体はおおむね以前と同様であり、発表会場は一箇所、つまり、参加者はすべてのセッションに参加することができるものでした。これは、この会議の大きな特徴であり、参加者にとって、小惑星についての既知情報、衝突回避法、衝突の影響など、天体の地球衝突問題に関する多岐にわたる情報に触れる良い機会となっています。
(2015年の会議の結果は、” IAA PDC Home ” を参照)

天体衝突の脅威を想定して行った演習(エクソサイズ)によって、現実の脅威と直面した際により大きな不信感や誤解が生じることが懸念されました。このような誤解は、天体衝突を回避する対策を検討したり実行したりするときに悪影響を与える可能性があります。このような懸念から、次の二点が重要になります。
 

1) 地球接近天体(NEO)に関する情報を、一般の人や施政者へ継続的にまたより強化して発信していくこと。
2) 脅威に関する情報やその進行度を開示するための方法やガイドラインを策定すること。

そして、小惑星による脅威への人々の理解や反応を定期的に確認していくことも考慮すべきなのです。

以上、IAA ” プレスリリース ” から。
 


仮想小惑星「2017 PDC」の地球衝突シナリオ

2017年の東京での PDC では、架空の小惑星「2017 PDC」というものが地球に衝突するというシナリオに基づいた議論を行います。具体的なシナリオは
” The 2017 PDC Hypothetical Asteroid Impact Scenario ”
に示されています。

仮にここに示されているような天体衝突がある場合に、どのように対応するのかを、PDC で議論します。

 


登録に関して

登録は、既に始まっております。早期登録は2017年03月15日まで(2016年10月01日現在)です。
” Registration ” (登録案内)

オンラインで登録する場合、以下のリンクをクリックし、IAA オンラインショップの「IAA Events」セクションを参照してください。
” Registration link ” (オンラインショップ)
 

” スポンサー登録 ” や、” キャンセル ” に関する情報は、上記「登録案内」に掲載されております。
 


アブストラクトの提出について

アブストラクトに関するページは以下です。種々のテンプレートが用意されています。ご利用ください。
” Abstract Submission ” (アブストラクトに関する情報)

※ アブストラクトの受付は終了しました。
 


前開催 2015 Frascati アーカイブ

前回、2015年にイタリア・フラスカティで行われた PDC の全資料が以下にあります。
” IAA PDC 2015 Frascati ”
 

東京日帰りバスツアー

Departure Dates :①14th May (Sun) ②20th May (Sat)
English Speaking Guide/Lunch Included
Fare: JPY 5,000

一般の方々にもご参加頂ける日帰り観光です。以下、英語案内ページから申し込みます。

Read More & Reservation