Outline

50th LPSC 2019. March 18-22
 

1968年3月1日に、ヒューストンの有人宇宙船センター(現在のジョンソン宇宙センター)において、当時のリンドン・B・ジョンソン大統領が LSI(Lunar Science Institute, 月科学研究所)の創設を宣言し、1969年12月には USRA(Universities Space Research Association, 大学宇宙研究連合)が LSI の運営を任されます。アポロ11号によって回収された試料を世界中の 142 名の研究者およびグループに配分し、1970年01月05 - 08日に、彼らを含む数百名の科学者たちがヒューストンに集まって、アポロ11号月科学会議(Apollo 11 Lunar Science Conference)が開かれました。

1971年の第2回からは月科学会議(Lunar Science Conference, LSC)となり、1978年からは月・惑星科学会議(Lunar and Planetary Science Conference, LPSC)という現在の名称に変わって、今年2019年には通算50回目が開かれることになります。LSI も LPI(Lunar and Planetary Instutitue)になりました。
 

★ LPSC ホームウェブ : LPI LPSC 2019 Home

★ 現地からの速報 : 50th LPSC 2019 Session Report - 開始しました

 


50th LPSC 2019 Session Report

44th から数えて、7年目となる今回の速報は、昨年末のDawnミッションの完結や「はやぶさ2」のタッチダウンミッション、OSIRIS-RExのベンヌ到達などもあり、相当な盛況ぶりかと思います。今年も Dr. Hiroi 他、日本から参加の方々にセッションリポートを頂けることとなりました。
毎年速報を打つ編者にとっては、日本に居ながらにして現地のリアルな状況を身体中で感じれる数日間です。もう何度も現地に行ったことのあるような、不思議な気分にさせてくれます。毎年です >> セッションリポートを読む


 

主なコンテンツ

セッションリポート

2013年から数えて7年目となる、主にブラウン大学 Dr. Hiroi からの速報。

読んでみる

LPSC 開催経緯とその歴史

1971年の第二回からは月科学会議 LSC となり、1978年からは月・惑星科学会議 LPSC という現在の名称。

読んでみる

LPSC 関連記事

過去に掲載した主なセッション解説や、セッション速報アーカイブを収録。

編集中

関連ウェブ紙

Home Web へのリンクや、日本からの参加情報などを掲載

編集中

Session Report Archives
 

2018 49th Session Report

LPSC 2018 - March 19 - 23
Prologue, 01. 2018/03/13 PM 23:47 ~ Vol, 28. 2018/03/24 AM 11:35(日本時間)

49th 速報を読む

2017 48th Session Report

LPSC 2017 - March 21 - 25
Vol, 01. 2017/03/21 AM 00:55 ~ Vol, 15. 2017/03/25 AM 10:48(日本時間)

48th 速報を読む

2016 47th Session Report

LPSC 2016 - March 21 - 26
Vol, 01. 2016/03/21 PM 12:42 ~ Vol, 14. 2016/03/26 PM 23:59(日本時間)

47th 速報を読む

2015 46th Session Report

LPSC 2015 - March 17 - 21
Vol, 01. 2015/03/16 PM 13:43 ~ Vol, 15. 2015/03/21 AM 10:16(日本時間)

46th 速報を読む

2014 45th Session Report

LPSC 2014 - March 18 - 22
Vol, 01. 2014/03/18 AM 01:32 ~ Vol, 19. 2014/03/22 AM 08:56(日本時間)

45th 速報を読む

2013 44th Session Report

LPSC 2013 - March 19 - 23
Vol, 01. 2013/03/19 AM 01:13 ~ Vol, 15. 2013/03/23 AM 06:50(日本時間)

44th 速報を読む

 

 

推進事務局から


About LPSC

LPSC に関する情報は、そもそも MEF ウェブにおいて掲載を開始したものです。ブラウン大学廣井孝弘氏のご厚意と熱意によって継続されているセッションリポートは、LPSC を透明感のある敷居の低い有益な国際会議として日本国内に周知する、これまでは存在しなかった「市民科学者」への重要な情報発信となりました。メディア等には取り上げては頂きにくいコンテンツですが、惑星科学を学びたい、または目指している方々にとっては極めて有効なコンテンツであろうと確信しています。

また、廣井さんに限らず、日本から会議に向かう研究者からも別の側面から様々な情報を頂き、TPSJ にとって貴重な資料・情報となって活動の大きな助力となっております。


リポート投稿のお願い

今回、様々な「伝手」を頼りに、各方面にセッションの様子や感想等の投稿をお寄せ頂けるようお願いを行いました。開催前、最中、開催後に関らず、LPSC に関する情報を当協会にお送り頂ければ嬉しいです。

以下のメイルアカウントにお寄せください。

tpsj_info@planetary.jp

 

Page Top