The Planetary Society of Japan

TPSJ 日本惑星協会について

活動内容と組織構成

Revision : September 18, 2016

いつか独自の探査案を以って、どのように小さくても良いから、自前の探査機を宇宙空間に旅立たせてみたいですね。それは夢ではなく目標として大きく掲げて活動に励みたいと思います。

 

 

取り組む活動と、その目的

日本惑星協会は、次項を目的として活動を行います。

(1)宇宙開発に関する社会教育の推進を図る活動
(2)宇宙規模の視点で地球環境の保全を図る活動
(3)宇宙の平和利用に関する国際協力の活動
(4)太陽系探査推進を主たる目的とし、宇宙機関への働きかけを図る活動
(5)以上の活動を行う個人及び団体の運営又は活動に関する連絡助言又は援助の活動
 

太陽系探査計画への参画

前項(4)における太陽系探査推進については、小天体探査フォーラムでの実例を基に、2020年以降に日本が行うべき太陽系探査計画への提言をまとめ、直接的、間接的に拘らず積極的に関与します。さらに、協会独自に探査検討を行い、シンポジウム等での発表、講演を行います。
 

行う事業

当協会は、前項の目的を達成するために、非営利社団法人活動(後に理事会設置を以って法人化)に係る事業として次の事業を行います。

(1)会員組織を作り宇宙探査情報を中心とする会報を発刊する事業
(2)インターネット上でウェブサイトを展開し独自の情報発信と情報の国際交流を行う事業
(3)メイルマガジン、メイルニュースを発行する事業
(4)講演会、展示会、セミナー、シンポジウム、広報キャンペーンなどの開催及びそれら事業に対する資料提供、講師派遣等の事業
(5)米国)惑星協会の活動に参加する等の国際交流の便宜を図る事業
(6)宇宙関連公的機関からの広報業務の委託、受託事業
(7)宇宙関連の物品販売事業

 

 

組織構成

名誉会長:水谷仁

アドバイザー:高岸敏雄
アドバイザー:的川泰宣
アドバイザー:
監査役:舛田一夫
 

理事会

理事:
阿部新助 - 次期小天体探査検討担当
井本昭 - 事業本部担当(代表理事)
大西浩次 - 天文教育担当
船瀬龍 - 惑星探査推進活動担当
吉川真 - TPSJ プロジェクト推進、アドバイザリーカウンシル調整担当
吉田和哉 - 宇宙工学プロジェクト展開担当
(以上、50音順)
 

推進事務局(事業本部)

事務長:井本昭
財務執行担当:梅木里恵(サーバ管理者)
 

Chapter of TPS(惑星協会日本支部の役割を持つ機構)

矢野創(カウンターパーソン)
井本昭(業務執行担当)
力武功一(コーディネイタ)
 

運用企画室

池下章裕(コーディネイタ)
教育普及:山岡均
教育普及:梅本雅之
惑星科学教育:薮田ひかる、原田玲子
 

対外協力室

連携機関・団体広報
PDC LOC(Planetary Defense Conference Local Organizing Committee )担当:力武功一、井本昭
APAON(Asia-Pacific Asteroid Observation Network)担当:井本昭
アドバイザリーカウンシル連絡・調整担当:井本昭
 

IT メディア事業推進室

木達一仁
秋山文野
谷口也寸志
松尾陽功
森永直花
宮崎剛
 

TPSJ ウェブ編集室

今井智大、秋田雄一郎、廣井孝弘、匠あさみ、松尾陽功、井本昭
 

CATEGORY: About Us

...

Creating a better future by exploring other worlds and understanding our own.