The Planetary Society of Japan

ウェブアーカイブス

太陽系 - Solar System

Modified: November 20, 2016

元専務理事、秋田次平氏による日本語解説です。カールも感服するほどの英語力の持ち主で、カールがこの世を去るまで「Carl & Jihei-san」の関係が続きました。新生 TPSJ2.0 では秋田氏に優るコンテンツの提供は難しいですが、豊富な情報量と想像力で、こうしたコンテンツの継続を図りたいと考えております。

 

上画像. 月面第一歩
 

月 - Moon

1969年07月20日の米東部標準時間午後04時17分40秒、アポロ11号は静かの海に着陸した。07月21日の米東部標準時間午後10時51分15秒、アームストロング船長が人類初第1歩を月面にしるしました....

 

上画像. 燃えたぎる巨大なガス球
 

太陽 - Sun

地球上の生命を育む太陽は煮えたぎる超高温のガスの球で、水素ガスを燃やしてできるヘリウムの核融合反応で明るく輝いている。この画像は太陽圏観測衛星(SOHO)に搭載された極紫外線望遠鏡(EIT)が、数千キロメートル上空からとらえた太陽の光球面(我々の目で見える太陽の表面)である....

 

上画像. あばただらけの水星
 

水星 - Mercury

1974年03月29日、探査機マリナー10号が1回目の最接近の後に撮った画像である。あばただらけの表面は、約 40億年前に無数の天体による激しい衝突のために出来たクレーターのためである....

 

上画像. 金星の雲の模様
 

金星 - Venus

左は1990年02月15日、金星に最接近した5日後に探査機ガリレオが、金星から 270万 km 離れた距離から紫色のフィルターを使って撮った画像である。画像の解像度は約 70 km。画面右の明るい部分は、太陽が真上から照り付ける昼間の領域である....

 

上画像. 火星の代表的な俯瞰図
 

火星 - Mars Summary 1

我々に最もなじみのあるダイナミックな火星の画像である。1975年08月02日に打ち上げられた探査機バイキング1号のオービターが、火星から 2,500 km 離れた所から撮影した画像のうちの 102 枚を合成して作成された....

火星 - Mars Summary 2

 

上画像. 木星を背にしたホットな衛星の揃い踏み
 

木星 - Jupiter, Vol, 01

目下、太陽系で最もホットな天体のイオとエウロパ。画面左の大赤斑の上に写っているのが火山の衛星イオ。 画面右の縞模様の領域に写っているのが氷の衛星エウロパである。1979年02月23日、探査機ボイジャー1号が 1,100万キロまで接近して撮影したドラマチックなシーンである....

木星 - Jupiter, Vol, 02

木星 - 衛星, イオ

木星 - 衛星, エウロパ

木星 - 衛星, ガニメデ

 

上画像.
 

土星 - Saturn, Vol, 01

これは、地球から土星のリングをほぼ真横に見た状態の画像である。土星のリングは非常に薄く、僅か数 10 m に過ぎない。従って、二つの惑星の位置関係から、リングを真横に見る状態になると地球から見えなくなってしまう。土星に写る黒い斑点は、土星最大の衛星タイタンである....

土星 - Saturn, Vol, 02

土星 - Saturn, Vol, 03

 

上画像. 天王星とリング系
 

天王星 - Uranus

地上の観測で発見された天王星のリングは、内側から6 環、5 環、 4 環、アルファ環、ベータ環、 エータ環、ガンマ環、デルタ環、エプシロン環の名前がついている。探査機ボイジャー2号の観測で、9本の主要リングは細かい塵の帯で囲まれていることがわかった....

 

上画像. 高層雲のクローズアップ
 

海王星 - Neptune

1989年08月26日、探査機ボイジャー2号が海王星の北緯 29 度周辺で撮影した高層雲のクローズアップである。太陽が画面左上から射し込んでいる。雲の幅は 30~50 km ....

 

上画像. 探査機が到着していない太陽系唯一の惑星(当時)
 

冥王星 - Pluto

今まで捉えられた最もはっきりした冥王星の姿である。1994年02月21日、ハッブル宇宙望遠鏡に搭載された微小物体撮像カメラ(FOC)が撮影した画像である。この時、冥王星は地球から 44億 km 離れていた....

 

上画像. ハレー彗星
 

彗星 - Comet

最も有名な周期彗星、76年の周期で長楕円の軌道を描いて地球に接近する。ハレー彗星は紀元前 240年以来観測されている。名前は、76年の周期で回帰することを初めて提唱したエドモンド・ハレー(1656~1742)に因んで付けられた。(画像は1986年03月08日、NASA W. Liller がとらえたハレー彗星)....

 

上画像. 衛星を持った小惑星アイダ(イダ)
 

小惑星 - Asteroid

数は定かでないが、衛星を持つ小惑星は珍しいことではないと考えられている。1993年08月28日、探査機ガリレオがアイダに最接近する約15分前、1万300 km の距離から撮影した画像である。右側に見える小さい塊が衛星のダクティルである。アイダの長辺は 58 km である....

 

Creating a better future by exploring other worlds and understanding our own.