火星衛星フォボスとデイモスの起源・進化の現状理解

この二つの衛星は JAXA のサンプルリターン計画(通称 MMX 計画,Martian Moons eXploration)のターゲット天体に選定され,その起源と進化の深い理解は探査の科学的価値の最大化,および,火星史の解明において重要となる ...

「遊星人」第27巻(2018)3号 - 原文(PDF)

 


火星衛星探査 : 太陽系ハビタブル惑星の成立を探る火星衛星探査計画 MMX

火星衛星 Phobos(フォボス)からのサンプルリターンに挑む火星衛星探査計画(Martian Moons eXploration: MMX)は,現在,宇宙航空研究開発機構(JAXA)プリプロジェクトとして,2024年の打ち上げと 5 年の往還期間を設定し,精力的な検討・初期開発が進められている ...

「遊星人」第27巻(2018)3号 - 原文(PDF)