June 22, 2018 : リュウグウに関する質問に、1件回答いただきました。
June 21, 2018 : プロジェクトに関する質問に、1件回答頂きました。
June 05, 2018 : 06月03日までの到着分10件を回答頂きました。

質問それぞれに記載がある日付は、回答日となります。
質問数は、今後、相当数増えることが予想されます。そうした場合、ウェブ紙のレイアウトの変更もあります。そうなって欲しいですね - Editor

Q. 小惑星リュウグウは、小惑星ということで惑星の中でも小さいことは何となくわかるのですが、その表面での重力はどれほど有り、はやぶさ2が着陸する際に引っ張る力はどの程度あるのか見当もつきません。着陸の際のバランスの取り方などわかりやすく教えていただけないでしょうか?

June 22, 2018 - hiro : 56才
 

A. 小惑星リュウグウの重力はまだ分かりません。「はやぶさ2」がリュウグウに到着してから、「はやぶさ2」に及ぼされる引力を推定して、リュウグウの質量を求めることになります。現時点では、最もありそうな質量を仮定してミッションを進めています。その質量ですと、リュウグウの表面からその重力に打ち勝って脱出する速度は秒速40cmくらいになります。「はやぶさ」が探査した小惑星イトカワの場合、脱出速度が秒速15cmくらいでしたから、イトカワよりも3倍くらい表面重力が強いことになりますが、それでも表面重力は弱いですね。しかし、その重力を考慮して、タッチダウンなどの接近運用を行います。バランスの取り方ということは特になくて、探査機の姿勢を制御することによって正しい姿勢で着陸をすることになります。


Q. リュウグウはいま点にしか見えていませんが、正確な形が分かるのはいつ頃でしょうか? もうすぐかな?

June 03, 2018 - 飲めや歌えや : 64才
 

A. 形が見えてくるのは6月半ばくらいですが、正確な形が分かるのは「はやぶさ2」がリュウグウに到着して詳細なデータを取ってからになります。特にリュウグウではその自転軸が黄道面に対して垂直でない可能性があるので、その場合にはリュウグウ全面が観測できるまでさらに時間がかかる可能性があります。正確な形が分かるまで到着してから数ヶ月くらいかかる可能性があります。


Q. 小惑星リュウグウの岩の中の水や湿気についてのあなた(プロジェクトチーム)の予測は何ですか?

June 02, 2018 - 謝宗仁 : 14才
 

A. 「はやぶさ2」はリュウグウにある水や有機物を調べることが大きな目的ですが、水といっても液体の水とか氷がそのまま存在するわけではありません。水分子が岩石中の鉱物に取り込まれているもので、そのような鉱物を含水鉱物と呼びます。ですから、岩石がぬれていたり湿気があるわけではありません。


Q. リュウグウの鮮明な画像が見られるようになるのはいつになりますか?

June 02, 2018 - 藤田英治 : 47才
 

A. 鮮明な画像と言いますと、やはり到着の時になると思います。6月中旬くらいからは形は見えてくると思います。


Q. 小惑星リュウグウには、1999 JU3 という、英数字の名前がついていましたが、これにはどういう意味があるのでしょうか?

july xx, 2017 - ともにゃん : 29才
 

A. まず「正体」を言いますと、これは仮符号と言って、「1999→発見年 J→05月前半U3→95番目に発見」となり、1999年05月15日までの05月前半の観測で95番目に見つけられたということを表しています。
” マサチューセッツ工科大学リンカーン研究所(MIT Lincoln Laboratory) ” 、アメリカ空軍、アメリカ航空宇宙局 (NASA)による、LINEAR(LIncoln Near-Earth Asteroid Research)プロジェクトによる小惑星サーベイで検出されたもので、そのなかで1999年05月10日に検出され、この月前半の95番目に発見されたものが「1999 JU3」ということです。
右ナビ(スマホでは下段のリンク)にある ” はやぶさ2探査機が目指す「1999 JU3」 ” で詳説していますのでご覧ください。

※ この質問は、TPSJ 宛に届いたものに TPSJ が回答したものです。まもなくプロジェクトとの Q&A が始まります。

Q. リュウグウと同じ軌道に導くためにはどのような技術を使うのでしょうか?少しづつ修正を加えている こととは思いますが、まずは、リュウグウと同じ軌道面にもっていってから、曲率というか半径を方向を合わせていくのでしょうか、質量がリュウグウとは違うので、追いつこうと速度を上げると軌道から 外れてしまうように思えるのですが、どのような手順、方法を駆使して、リュウグウと並走に持ち込むのでしょうか気になっています。

June 03, 2018 - 相澤秀邦 : 64才
 

A. 2015年12月3日に地球スイングバイをしましたが、スイングバイによって探査機の軌道面がリュウグウの軌道面に近づけました。その後、2年半にわたってときどきイオンエンジンを噴きながら少しずつ軌道をリュウグウの軌道に近づけていきました。つまり、探査機の軌道をだんだんと大きくなるように加速していったわけです。ここでリュウグウとの質量の違いは特に関係しません。

探査機には太陽からの引力が一番強く働きますが、その他に惑星からの引力も考慮して軌道を計算していきます。また、太陽からの光の圧力も探査機の軌道に影響するので考慮します。このようないろいろな力を考慮しながらリュウグウと同じ軌道になるようにイオンエンジンで軌道制御をしました。なお、リュウグウに到着するとリュウグウの引力も推定して、探査機の軌道制御をします。「はやぶさ2」の太陽の周りを回る速度は、軌道上の位置によってかなり変わります。太陽に近いと速度が速くなって最も速いと秒速33kmくらいになります。これは時速12万kmです。太陽から遠くなると速度は遅くなり、最も遅いときは秒速約23km(時速約8万3千km)になります。


Q. (はやぶさ2探査機の)平均時速はどのくらいですか?

June 03, 2018 - きなこ : 16才
 

A. 「はやぶさ2」の太陽の周りを回る速度は、軌道上の位置によってかなり変わります。太陽に近いと速度が速くなって最も速いと秒速33kmくらいになります。これは時速12万kmです。太陽から遠くなると速度は遅くなり、最も遅いときは秒速約23km(時速約8万3千km)になります。


Q. 採取したサンプルは有機物になる可能性が高いですが、地球に戻ってくるまで熱で変質しないようない保冷庫みたいな工夫はあるのでしょうか?

June 03, 2018 - グレート : 58才
 

A. 「はやぶさ2」のカプセルには保冷庫はありません。「はやぶさ」のカプセルは、地球大気に飛び込んだときにその表面温度が3000度にもなったと言われています。ですが、カプセルの中は100度以下に保たれました。100度というと温度が高いと思われるかもしれませんが、「はやぶさ」が訪れた小惑星イトカワでは、表面温度が100度近くまで上がることがあります。ですから、カプセルの中の温度が100度くらいまで上昇しても問題はないわけです。

「はやぶさ2」がいくリュウグウについても、その表面温度はイトカワと同じくらいになるものと思われます。ですから、カプセルに保冷庫はなくて大丈夫です。リュウグウの温度は、TIR(中間赤外カメラ)で測定しますので、正確に分かります。


Q. 前回の「はやぶさ」プロジェクトではイトカワに到達するまでジャイロ軸の破損などトラブルが相次いだとのことだったが、今回「はやぶさ2」のプロジェクトにおいて大きなトラブルは発生していないか?またはすでに修正された事象はあるか?その場合プロジェクトに支障は起きないのか?

June 03, 2018 - きてぃ : 19才
 

A. 「はやぶさ」のときは、イトカワに到着する前にリアクションホイールという装置が壊れました。これは探査機の姿勢を変更するための装置です。「はやぶさ」では3台搭載されていましたが、イトカワ到着前に1台、到着直後にもう1台が壊れてしまいました。また、「はやぶさ」では4台搭載されていたイオンエンジンのうちの1台も最初から調子がよくありませんでした。
「はやぶさ2」では、これまでのところ、このような大きなトラブルは起こっていません。リアクションホイールは1台増やして4台搭載していますが、4台とも正常です。イオンエンジンも4台とも正常に動作しています。ミッションは当初のスケジュールどおりに進行しています。


Q. 今までイオンエンジンは合計でどのぐらいの使用時間になっていますか?

June 02, 2018 - やまたい : 14才
 

A. これは、近いうちに正確な情報がでるので、それを待っていただくのがよいです。

プロジェクトから情報が出され次第、ここに追記します(TPSJ)。


Q. はやぶさ2にはいくつかアンテナが搭載されていますが、どのように使い分けているのですか?

June 02, 2018 - 帰宅部長 : 14才
 

A. はやぶさ2には高利得アンテナ(ハイゲイン・アンテナ)、中利得アンテナ(ミドルゲイン・アンテナ)、そして低利得アンテナ(ローゲイン・アンテナ)という3種類のアンテナが付いています。

ハイゲイン・アンテナは「はやぶさ2」では円盤形をした大きなアンテナで探査機の上面に2つついています。2つある理由は、使っている電波の種類が異なっているためで、片方がX帯、もう片方がKa帯の電波を使っています(Ka帯の方が同じ時間帯に4倍ほど多くのデータを送信できます。小惑星到着時にデータを送信するときに使う予定です)。ハイゲイン・アンテナは強い電波で高速の通信ができますが、アンテナの面を地球に向ける必要があります。アンテナは探査機に固定されていますから探査機の姿勢を変えて地球に向ける必要があるので、条件によっては必ずしも地球との通信を行うことができません。

ミドルゲイン・アンテナはホーン型をしているもので、探査機の上面についています。ホーンの向きを変えることができるので、探査機の姿勢を変更しなくてもある程度の範囲で地球との通信ができます。ハイゲイン・アンテナより通信の速度は遅くなります。

ローゲイン・アンテナはより小さなアンテナで、探査機の上面に1つ、下面に2つ付いています。指向性が広いアンテナなので、3つのローゲイン・アンテナを使うと、探査機がどのような姿勢にあっても、ほぼ通信が可能です。ただし、通信の速度は遅くなります。これらのアンテナの使い分けですが、基本的には探査機がどのような姿勢にあるかで使えるアンテナが決まることになります。もちろん、通信速度の速いアンテナを使う方が探査機の運用は楽になります。

注:ここで通信の速度とは、同じ時間により多くのデータを送れる場合を「速い」としています。電波の速度は光の速度と同じで変わりませんので、地上局から探査機に信号が伝わるのに必要な時間は、すべてのアンテナで同じです。


Q. はやぶさ2搭載の小型モニタカメラによる、タッチダウン時の画像撮影を行う予定はありますか?

June 02, 2018 - やまごん : 21才
 

A. 皆さんからのご寄付で搭載しました小型モニタカメラですが、可能ならタッチダウンの時に撮影をしたいと考えています。ただし、タッチダウンはいろいろ複雑な運用が入りますので、まずは、タッチダウンの運用を優先します。小型モニタカメラによる撮影ができないこともありうるのでご了承ください。

Q. 初代はやぶさは、機体が無事だった時はエクストラミッションとして別の天体を観測に行く予定があったと聞いたことがありますが、はやぶさ2にもエクストラミッションの予定はありますか?あるとしたら内容は決まっていますか??

June 21, 2018 - さしみん : 39才
 

A. 「はやぶさ2」については、地球に帰還するところまでしか、まだ決まっていません。帰還した後どうするかについては、いろいろな可能性は考えていますが、まだ具体的な検討は行っていません。

地球に戻ってくる時の探査機の状態とか燃料がどのくらい余っているか、そして、ミッションを延長する予算があるかなど、いろいろな条件を考慮して決められることになります。

もし、ミッションを延長できるとしたら、他の小惑星にフライバイするとか、太陽-地球系のラグランジュポイントという特殊な場所に行ってみるとか、いろいろ面白いことができると思います。


Q. ... ...?

xxxx xx, 2018
 

A. ... ...

質問箱ホームに戻る

 


質問投稿フォーム

* は、必須入力項目です。「お名前」に記入された表記は「質問者」の名前として公開されますのでご注意ください。本名以外でも構いません。Email アドレスは公開されません。セレクトフォームは、該当する質問の内容の分野を選んでください。

投稿いただく際の注意点

・この活動は、はやぶさ2プロジェクトを TPSJ がプロジェクトの外から一般の皆様に向けたアウトリーチ支援を行うことが目的です。お持ちの疑問をプロジェクト側に直接送られてもお答えできません。

・投稿された情報は自動的にウェブに反映しません。お送り頂くと「投稿内容」の確認メイルが返信されます。

・Q&A ページに表示される投稿文につきましては、若干の修正を行う場合があります。また、似たような内容の質問があった場合は、質問を一つにまとめる場合もあります。ご了承の上、ご投稿ください。

・質問内容は、国内報道機関等に提供させて頂く場合があることを、あらかじめご了承ください。