InSight ミッションタイムライン

NASA InSight mission Timeline
 

 

インサイトは、2018年05月に火星に向けて打ち上げられる予定で、火星着陸、表面調査までおよそ六ヶ月のクルーズが続きます。

トップページでもお知らせしましたが、打ち上げ直前まで、カリフォルニア州地域を科学者・技術者がインサイトの概念・ミッション有用性等を説明する「旅」を続けています。これはとっても大切なことで、開発。運用側が決定してトップダウンで実施する宇宙探査は、継続性やその後に来る有効度が低いと私たち TPSJ も認識しています。このような宇宙機関の外に向けた「丁寧」な活動が、永きに亘って宇宙大国である存在の礎となっているのではないかと筆者は強く感じます。

他にも、一般市民に向けた努力も多々見られますが、このような「努力」が当たり前に行われる日本に到達するのは、まだ時間が掛かるのでしょうか?
「そうではない、少しだけ米国の方がマージンが大きいだけだ」と確信しています。少し遅く来ただけだ、と楽観しても良いと思っています。<<(A. IMOTO)

プレ ローンチ

インサイトミッション前段階として、プロジェクト前計画、科学の定義と機器の選択、着陸地の選択、組立と試験、そしてヴァンデンバーグ(Vandenberg)空軍基地への探査機本体の輸送が含まれます。

Pre Launch Description(編集中)
 

ローンチ(打ち上げ)

ヴァンデンバーグ空軍基地からのアトラス V-401 ロケット打ち上げは、2018年05月05日の夜明け前午前04時に予定されています。西海岸からは、初めて惑星間航行宇宙機を打ち上げることになります。

Launch Description(編集中)
 

クルーズ

インサイトの打ち上げから火星到着までの時間は、ミッションのクルーズフェーズと呼ばれます。最初の旅のこの部分には約六ヶ月を要します。

Cruise Phase Description(編集中)
 

アプローチ

アプローチフェーズは、着陸する約 60 日前から始まり、一連のチェックを実施します。

Approach Phase Description(編集中)
 



 

EDL

EDL(Entry, Descent, and Landing)と呼ぶフェーズは、インサイトの火星大気圏進入、降下、最終的に火星の大気を突き抜ける段階です。これは約六分間続き、着陸探査車を安全に地上に下すこととなります。

EDL Phase Description(編集中)
 

サーフェイスオペレーション

予定した着陸が行われた後、インサイトは火星表面での作業準備のために機器を配備します。着陸探査車は、約 30 日間に亘る科学探査ミッションを開始します。

Surface Operation Description(編集中)
 

 

原文:Mission Timeline Summary