着陸機 - Lander

NASA InSight mission overview
 

 

NASAのインサイト着陸機は、火星の「内部空間世界」への扉を開きます。 インサイトは、40億年以上前に起こった太陽系内側に位置する岩石惑星形成過程の手掛かりを求めて、火星の地下深くを探ります。インサイトによってもたらされる探査結果は、火星、地球、さらには岩石外惑星の形成についても光を当てることが期待されています。


 

上画像:NASA インサイトランダー
 

インサイト着陸機は、NASA の火星探査着陸機として実証されたフェニックスの設計に基づいて製造されました。インサイトが持つ、長さ 2.4m 余まで伸長できるロボットアームは、地震計とヒートフロープローブをデッキから持ち上げ、表面に設置します。アーム上のカメラは、ランディングサイト、機器の配置、およびアクティブなカラー 3D ビューを捉えます。また、気象および磁場変動を測定するセンサーも搭載しています。
 

Robotic Arm:
着陸機は、観測機器を火星面に設置するために、Instrument Deployment Arm(IDA)という展開アームを使います。超高感度機器を火星表面に直接接触させて観測することにより、高精度の測定値を得ることができます。(編集中


 

Cameras:
インサイト着陸機には、ナビゲーションと危険回避を支援する二つの補完的なエンジニアリングカメラが搭載されています。カメラの一つはアームに取り付けられており、もう一方は着陸機の正面にあります。(編集中


 

Length:
長さはソーラーパネルを展開した状態で、19 フィート 8 インチ(6 メートル)。「ウィングスパン」

Width:
幅は 5 フィート 1 インチ(1.56 メートル)で、ランダーデッキの直径に相当する。

Deck Height:
デッキの高さは、33 から 43 インチ(83 から 108 センチメートル)。

Length of Robotic Arm:
ロボットアームの長さは、7 フィート 10 インチ(2.4 メートル)。

Weight:
重量は 794 ポンド(360 キログラム)。

Electrical Power:
直径がそれぞれ約 7 フィート(2.2メートル)の、二つのソーラーパネルにより発電する。

Science Instruments:
三機の科学機器(地震計、熱プローブ、電波科学実験)を搭載する。

Seismometer, SEIS(地震計):
インサイト着陸機には、ナビゲーションと危険回避を支援する二つの補完的なエンジニアリングカメラが搭載されています。カメラの一つはアームに取り付けられており、もう一方は着陸機の正面にあります。(編集中


 

Heat Flow Probe(熱流・伝達測定器):
この機器は、かつての観測機器であるスクープ、ドリル、プローブよりも深い、16 フィート(5 メートル)まで掘り下げることができます。(編集中


 

RISE(自転および内部構造観察):
火星の自転を精査して内部のコア構造を推測します。またコアの形成物質を判断することにも寄与します。(編集中


 

原文:InSight Lander