The Planetary Society of Japan

Enjoy Hayabusa2 はやぶさ2勝手に応援ページ

はやぶさ2探査機関連資料

Revision : September 10, 2016

はやぶさ2位置情報想定図描

JAXA はやぶさ2プロジェクトサイトに、星図上に描かれた「はやぶさ2リアルタイム位置情報」が柏井勇魚さんから提供されました。以下に柏井さんから解説を頂いております。
尚、この画像は 2016年06月08日AM07:49 のものです。じっと目を凝らしても動いていませんので画像をクリックしてプロジェクトサイトで閲覧ください。

” JAXA はやぶさ2プロジェクトサイト ”
 

これは、” はやぶさ2特設サイト ” で公開されている軌道計画を元に、星図上の位置、距離、速度、通信遅延時間などを表示します(数値はリアルタイムの計測値ではなく計画値にもとづいて計算されたものです)。ラインは実線が過去の位置、点線が未来位置になります。
位置の表示には JavaScript のデータ可視化ライブラリ d3.js を使用しています(要するに折れ線グラフと散布図です)。サイトでは一部を拡大表示していますが、地球を出発した2014年12月からリュウグウに到着する2018年06月までの往路のすべてのデータが入れてあります。
 

 

柏井勇魚さん提供はやぶさ2位置情報関連データ
 

操作とシステム

小惑星探査機「はやぶさ2」、その目的地である小惑星「1999 JU3」、そして太陽系の各惑星の現在位置を表示します。マウスホイールでズームイン/ズームアウトができます(スマートフォンはピンチイン/ピンチアウトで同様の操作ができます)。

’ SPACECRAFT EVENT TIME ’ となっているのは、いま私たちに届いたはやぶさ2からの信号がいつ探査機から発信されたものかを表す時間です。光より速いものは存在しないため、遠方にいる探査機が信号を送信した時間とその信号を地球で受け取る時間には時間差が生じます。つまり、このSPACECRAFT EVENT TIMEが私たちが知りうるはやぶさ2の「今」ということになります。この時間差は画面上の「COM DELAY」(COMmunication DELAY)に表示されています。
本システムは、現時点では NASA/JPL が HORIZONS System を通じて公表している軌道要素を使用しています。
尚、これも動いていませんので、マウスや指でこすっても無駄です。柏井さんサイトに移動することをお勧めします。

” lizard-tail studio - 「はやぶさ2」探査機の 3D 軌道図 ”
 

 

はやぶさ2-地球 距離 / はやぶさ2-1999 JU3 距離 (AU)相対図
 

はやぶさ2から地球までの距離と、はやぶさ2から 1999 JU3 までの距離(AU)の相対図です。これによると、はやぶさ2が地球よりも 1999 JU3 に近づくのは2016年の7月頃となります。リンク先は柏井さん作成のベクタ画像(SVG)です。
はやぶさ2積算航行距離 (AU)や、はやぶさ2-太陽 / 1999 JU3-太陽 距離(AU)、はやぶさ2 / 地球 / 1999 JU3 軌道速度(km/s)を表したグラフも収録されております。

” はやぶさ2-地球 距離 / はやぶさ2-1999 JU3 距離 (AU)相対図 ”
 

 

はやぶさ2地球スイングバイ結果記者説明会
 

Dec. 14, 2015 :
「はやぶさ2」は、平成27(2015)年12月03日(木)の夕方から夜にかけて地球スイングバイを実施し、19時08分(日本時間)に地球に最接近、ハワイ諸島付近の太平洋上空約3,090kmを通過しました。地球スイングバイによって軌道を約80°曲げ、スピードは秒速約1.6km上がって秒速約31.9km(太陽に対する速度)となり、目標としていた数値を達成しました。NASA深宇宙ネットワーク局、ESA(欧州宇宙機関)深宇宙ネットワーク局の支援を受けた探査機運用により、現在「はやぶさ2」の状態は正常であることを確認しています。

” 2015年12月14日 JAXA プレスリリース ”
” スイングバイ結果記者説明会映像 - JAXA TV 2015/12/24 - Fan Fun JAXA ”
” 「はやぶさ2」地球スイングバイ結果に関する記者説明会資料 - PDF 5.7MB ”

 

スイングバイ観測キャンペーン
 

日本惑星協会では、日本公開天文台協会(JAPOS)との共催(協力:JAXAはやぶさ2プロジェクト)で、JAPOS による観測施設向け「はやぶさ2地球スイングバイ観測のデータ支援企画」、広く一般の観測者皆さんにも提供する「はやぶさ2スイングバイ軌道データ支援」を連動企画し、結果として 36 地点での撮像成功(JAPOS, TPSJ に報告のあった数)を数え、天候の悪いなか、一般の方々の大きな努力により大成功のキャンペーンとなりました。

” スイングバイ観測 Campaign Site ”
” はやぶさ2地球スイングバイ観測画像&キャプション一覧 ”
 

公開天文台、一般観測者向け支援によって得られた撮像地点データを、星図にプロットしてみました。ご協力頂いた皆様にはとても感謝を致しております。ありがとうございました。(画像作成:JAXA はやぶさ2プロジェクト)

” JAXA はやぶさ2プロジェクトサイト ”
 

 

「はやぶさ2」の軌道データ(JAXA 発行)
 

” データ 1(UTF-8):hy2_trj_plan_swingby_151201.txt ”
・黄道座標系
・12月01日から12月23日まで、10分間隔
・地球およびRyuguのデータ付き
 

” データ 2(UTF-8):hy2_trj_EQ_1min_Heliocentric_151201.txt ”
・赤道座標系, 原点=太陽
・11月30日から12月05日まで, 1分間隔
・「はやぶさ2」のみ
 

” データ 3(UTF-8):hy2_trj_EQ_1min_EarthCenter_151201.txt ”
・赤道座標系, 原点=地球
・11月30日から12月05日まで, 60分間隔
・「はやぶさ2」のみ
 

はやぶさ2ファクトシート(JAXA 発行)
 

はやぶさ2に関する様々な情報が収められているファクトシート(PDF版/121頁・10.3MB)の掲載許可を「JAXA はやぶさ2プロジェクト」から頂きました。当然ながら充実した内容となっております。
尚、当サイトからのダウンロードによる無断での再配布は控えて頂きますようお願い致します。著作権者の使用許諾を得ずに利用できる場合としては、学術研究・教育活動等の利用の範囲となります。その際も必ず出展先「JAXA はやぶさ2プロジェクト」を明記することと、改変等の行為は控えてくださいますようお願い致します。

” はやぶさ2情報源 Fact Sheet - Ver. 1.41 ”
 

こちらは、はやぶさ2模型作成の為の支援データ(PDF版/23頁・1.69MB)です。大阪市立科学館の正面ホールにある実寸大模型は、このデータから作成されたそうです。こちらも上記ファクトシート同様の取り扱い規定を尊守ください。

” はやぶさ2の模型を作るための情報 - Ver. 1.0 ”
 

 

CATEGORY: Enjoy Hayabusa2

... ...

Creating a better future by exploring other worlds and understanding our own.