The Planetary Society of Japan

TPSJ 日本惑星協会について

日本惑星協会
日本惑星協会再設立に至る経緯

惑星協会は( The Planetary Society:TPS )、1980年に故カール・セーガン博士、故ブルース・マレイ博士、ルイス・フリードマン博士の三氏が「太陽系惑星と地球外知的生命の探査( SETI )の推進」を掲げて立ち上げた非営利団体です。日本惑星協会はその趣旨に賛同し、1999年9月に「特定 NPO 法人」としてスタートしました。

日本惑星協会( The Planetary Society of Japan:TPSJ )は、宇宙こそこれからの人類にとって単なる憧れではなく、新しいフロンティアとして取り組むべき対象と考え、その探査開発が国際的視野から推進されるよう幅広く啓蒙、支援活動を行い、またそのための人材育成に協力し、あわせて宇宙の平和的利用に寄与することを目的として2011年まで活動を続けてきました。

様々な事情により活動を停止していた日本惑星協会ですが、再開を望む一般の惑星探査ファンや関係機関、また国内各所で研究に携わる惑星科学者などの支援を受け、このほど活動を再開することとなりました。

20世紀における科学の進歩が人類の生活に与えた変化は、これまでの人類史数百万年を上回る大変革であり、同時にそのことによって地球環境に多大の問題を残しました。さらに資源、人口の問題と、21世紀には人類の未来を宇宙規模で考え、宇宙の平和的利用を図ることこそが、その生存のための最大課題になってくると言えるでしょう。そうした視点から日本惑星協会は、民間の立場からの啓蒙、支援活動を行っていく団体として米国惑星協会が掲げる理念を共有し、次世代の太陽系探査を国内、または国際協力によって、探査継続への寄与を果たしたいと考えます。

米国惑星協会が掲げる理念には、” 市民参加による商行為とならない知的好奇心を抱いて宇宙を探検すること ” とあります。さらに、 ” 太陽系惑星及び地球外知的生命の探査( SETI )を支援し、且つ促進させることに主眼を置く ” ことも明示されており、日本惑星協会は米国惑星協会の理念を理解し、日本国内環境での活動の可否を各論で議論し、米国と共有できる活動への積極参加促進に取り組みます。

2015年04月01日 - 日本惑星協会推進事務局

 

米国惑星協会との ” 約束 ”

「太陽系および地球外生命探査の促進」に加えて、「宇宙探査の国際協力の促進」をミッションステートメントとして活動を行う米国惑星協会に賛同し、将来的には日本の宇宙開発機関に対しての提言や研究者との橋渡し、さらには世界中の宇宙開発機関との国際協力を以って太陽系探査の高度な探査と技術開発を実現し、太陽系探査に対する新しい発想の種を蒔くことが使命と考えます。

近い将来、「人類は宇宙というコミュニティーに参加している己を祝福できる」という故セーガン博士の望みを皆さんとともに叶えましょう。それは、「人類が地球の銀河社会に於ける役割を認識し、その上で地球の存在意義と真の意味での可能性を学ぶ新世紀である」と語ったフリードマン博士の21世紀への思いを総ての方々が共有することで実現できるものであると強く感じます。

米国惑星協会が献身的に支援を行ってきた SETI(セチ:地球外知的生命探査)計画や、重要性を認識すべきとする火星有人探査推進への提言も検討し、まずは、日本惑星協会が組織として独自の太陽系探査提案を展開できる環境を整えることが米国惑星協会との大事な ” 約束 ” を果たす一歩となります。

 

日本惑星協会の活動内容について
取り組む活動と、その目的

日本惑星協会は、次項を目的として活動を行います。

(1)宇宙開発に関する社会教育の推進を図る活動
(2)宇宙規模の視点で地球環境の保全を図る活動
(3)宇宙の平和利用に関する国際協力の活動
(4)太陽系探査推進を主是とし、宇宙機関への働きかけを図る活動
(5)以上の活動を行う個人及び団体の運営又は活動に関する連絡助言又は援助の活動

太陽系探査計画への参画

前項(4)における太陽系探査推進については、小天体探査フォーラムでの実例を基に、2020年以降に日本が行うべき太陽系探査計画への提言をまとめ、直接的、間接的に拘らず積極的に関与します。さらに、協会独自に探査検討を行い、シンポジウム等での発表、講演を行います。

行う事業

当協会は、前項の目的を達成するために、非営利社団法人活動(後に理事会設置を以って法人化)に係る事業として次の事業を行います。

(1)会員組織を作り宇宙探査情報を中心とする会報を発刊する事業
(2)インターネット上でウェブサイトを展開し独自の情報発信と情報の国際交流を行う事業
(3)メイルマガジン、メイルニュースを発行する事業
(4)講演会、展示会、セミナー、シンポジウム、広報キャンペーンなどの開催及びそれら事業に対する資料提供、講師派遣等の事業
(5)米国)惑星協会の活動に参加する等の国際交流の便宜を図る事業
(6)宇宙関連公的機関からの広報業務の委託、受託事業
(7)宇宙関連の物品販売事業

当協会が行う事業については、推進事務局を事業本部とします。事業執行責任者を事務長とし、今後専従員を一名~二名置く予定です。

組織構成 - 2016/02/01 現在

会長:水谷仁

アドバイザー:高岸敏雄
アドバイザー:的川泰宣
アドバイザー:
監査役:舛田一夫

理事会

... ...

推進事務局(事業本部)

事務長:井本昭(事業本部長)
財務執行担当:梅木里恵

運用企画室

池下章裕(コーディネイタ)
教育普及:山岡均
教育普及:梅本雅之
惑星科学教育:薮田ひかる

対外協力室

連携機関・団体広報
PDC LOC(Planetary Defense Conference Local Organizing Committee )担当:力武功一、井本昭
APAON(Asia-Pacific Asteroid Observation Network)担当:井本昭

IT メディア事業推進室

木達一仁
秋山文野
谷口也寸志
松尾陽功
森永直花
宮崎剛

TPSJ ウェブ編集室

今井智大、秋田雄一郎、廣井孝弘、匠あさみ、井本昭

アドバイザリーカウンシル

Councilor
吉川真 - Chair
縣秀彦
秋山文野
阿部新助
安部正真
荒井朋子
新井真由美
池下章裕
板倉龍
宇津巻竜也
梅本雅之
大西浩次
柏井勇魚
木達一仁
上坂浩光
小松睦美
高井研
高野淑識
谷川智康
知元陽子
津田雄一
寺薗淳也
長沼毅
永山悦子
林公代
春山純一
廣井孝弘
福原直人
船瀬龍
松浦晋也
松尾陽功
松本直記
宮崎剛
矢野創
薮田ひかる
山岡均
吉田和哉
渡部義弥

井本昭(連絡・調整担当)

☆ アドバイザリーカウンシル等
外部多方面から招聘し、協会への助言・提言を行っていただきます。カウンシルメンバーの選任は常時行い、定期的な会議を持ちます。尚、カウンシルは日本惑星協会外部からのご意見、助言・提言を頂くコミュニティです。協会の構成員としては推進事務局メンバーがそれに充当します。
また、カウンシルの参加のうち、ウェブ技術、メディア対応を行ってくださるボランティアメンバーを、IT メディア事業推進室協力者としております。

会員の募集について

2015年09月01日より募集予定となっております。紙メディアの必要性を現在検討中で、旧協会会員の資格、条件、会費等を抜本的に改定し、米国惑星協会との調整に当たっております。確定しましたら本ウェブサイトで御案内致しますので、今しばらくお待ち頂きますようお願い申し上げます。

 

パートナー参加のお願い

日本惑星協会では、本協会活動に可能性を感じ、共にプロジェクトを推進、または賛助していただくパートナーとなる個人・企業・団体を募集します。パートナーは、法人化を以って滞りなく正会員、または(兼)賛助・協賛パートナーとさせて頂きます。

中高生への理科教育補助・促進という社会貢献、広く一般に向けた宇宙関連機関との橋渡しなど、アウトリーチ活動を行うにあたって企業・個人の皆様の貴重なお声を広く国内外に届ける役目を果たしたいと考えます。

パートナー参加の詳細は、右上段の ” Contact ” カテゴリにある ” 会員参加登録ページ ” で、個人会員募集と同時期にご説明させて頂きます。

 

Information

上述しましたように、日本惑星協会は米国惑星協会が掲げる理念・趣旨を共有し、且つ日本国内事情も念頭においての活動としなければなりません。米国において実施出来る催事や実際の業務においても日本国内では許されない場合も考えられます。そうした場面では、応援くださる全国の宇宙探査サポーター方々に対して秘さず率直に意見を伺う姿勢を以って処するべきと考えます。
以下のページで、米国惑星協会の理念・趣旨、設立経緯等をご説明しております。お読みください。

Basics of TPS

 

 

Creating a better future by exploring other worlds and understanding our own.